ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)

火山情報

  • 2018年6月20日18時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)

警戒レベル
レベル2(火口周辺規制)

火山名 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 火山の状況に関する解説情報
2018年6月20日18時0分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
本日(20日)、第141回火山噴火予知連絡会が開催され、霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動について検討を行い、結果を以下のとおり取りまとめました。

霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動に関する検討結果

えびの高原(硫黄山)周辺では、4月19日に硫黄山でごく小規模な噴火が発生し、噴火地点の周辺100m程度まで大きな噴石が飛散しました。地殻変動観測では、3月頃から観測されていた硫黄山付近の地盤の膨張は、4月19日の噴火以降、収縮に転じたことが観測されました。また、4月26日には硫黄山の西側500m付近で火山灰が混じる高さ200m余の噴煙が約10分間上がりました。

えびの高原(硫黄山)周辺では、4月の噴火後は地震活動、地殻変動及び噴気活動などの観測データに火山活動の低下傾向がみられていますが、再び活発化を示す変化が認められた場合には、噴火が発生する可能性があります。

また、広域のGNSS連続観測では、3月の新燃岳の溶岩噴出時期の収縮後、再び膨張傾向を示す変化がみられており、深部のマグマの蓄積を反映していると推定されます。霧島山の火山活動の長期化や活動のさらなる活発化も視野に入れて、引き続き慎重に火山活動の変化を監視する必要があります。
えびの高原の硫黄山から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 噴火警報 対象となる市区町村

市区町村等 警報の内容 発表時刻
宮崎県えびの市 火口周辺警報:火口周辺警戒 5月1日14時0分
鹿児島県霧島市 火口周辺警報:火口周辺警戒 5月1日14時0分
火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 雨の降り始めは注意

雨の降り始めは注意

雨の降り始めは交通事故が起こりやすいといわれています。 まず第1の理由は、路面が滑りやすくなっていることです。 同じ速度でブレーキを踏んでも路面が乾いている時に比べて 止るまでの距離が長くなって......[ 続きを読む ]

お天気用語集

きあつはいち【気圧配置】
高気圧、低気圧、前線などの位置関係のこと。日本付近では季節特有の気圧配置がある。 例 春・秋:移動性高気圧 初夏:梅雨型 夏:南高東低型 冬:西高東低型...
なだれ【雪崩】
雪崩には「表層なだれ」と「全層なだれ」がある。 表層なだれ:気温が低く、古い積雪の上に大雪が降ったあと新雪がすべり落ちること。 「新雪なだれ」ともいう。な...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.