ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(新燃岳)

火山情報

  • 2020年3月19日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(新燃岳)

警戒レベル
レベル2(火口周辺規制)

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
2020年3月19日16時0分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
3月16日から19日15時までの新燃岳の活動状況をお知らせします。火山性地震の回数が概ね多い状態で経過するなど火山活動が高まっています。

新燃岳では、火口直下を震源とする火山性地震の回数が2019年11月以降増減を繰り返しています。火山性地震は16日から17日にかけて増加し、多い状態となっていました。火山性微動は観測されていません。

16日に海上自衛隊第1航空群の協力により実施した上空からの観測では、新燃岳火口内の状況に特段の変化は認められませんでした。また、火口西側斜面の割れ目において白色の噴気を確認しました。

17日に韓国岳山頂から実施した観測では、前回観測(1月21日)と比べて、火口西側斜面の割れ目上方で地熱の広がりを確認しました。

新燃岳近傍の傾斜計では、火山活動に伴う特段の地殻変動は観測されていません。また、GNSS連続観測では、2011年や2017年から2018年の活発な噴火活動時にみられた霧島山の深い場所でのマグマの蓄積を示すと考えられる基線の伸びは、みられていません。

3月16日からの火口直下を震源とする火山性地震、火山性微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震 火山性微動
3月16日 30回 0回
17日 55回 0回
18日 2回 0回
19日15時まで 0回 0回

新燃岳では、火山性地震の回数は概ね多い状態で経過しており、火口西側斜面の割れ目において噴気や地熱域のわずかな拡大がみられるなど、火山活動が高まった状態となっていることから、今後の情報に留意してください。
弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。

霧島山(新燃岳) 噴火警報 対象となる市区町村

市区町村等 警報の内容 発表時刻
宮崎県小林市 火口周辺警報:火口周辺警戒 1月2日22時40分
鹿児島県霧島市 火口周辺警報:火口周辺警戒 1月2日22時40分
火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - エアコンを快適に

エアコンを快適に

風薫る5月。 風がすがすがしい季節ですが、陽射しの強い季節でもあります。 クルマでのお出かけ、窓を締め切っていると社内の温度は急上昇。 そこでエアコンが大活躍します。 エアコンは車内の暖かい空......[ 続きを読む ]

お天気用語集

らんきりゅう【乱気流】
気流の乱れのこと。飛行中の航空機に影響を与える気流。 乱気流が発生しやすいところは、山岳の上空、積乱雲の中やそのまわり、熱帯低気圧、前線、ジェット気流周辺...
おおしけ【大しけ】
波高(波の高さ・有義波高)が6mをこえ9mまでの状態。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.