ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(新燃岳)

火山情報

  • 2017年10月11日16時10分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(新燃岳)

警戒レベル
レベル3(入山規制)

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
2017年10月11日16時10分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
新燃岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

新燃岳では、本日(11日)05時34分頃に噴火が発生しました。その後も噴火が継続し噴煙量も増加しています。15時現在、灰白色の噴煙が火口縁上300mまで上がり東へ流れています。また、火山性微動も継続しており、振幅は本日03時以降消長を繰り返しながら、時々大きくなっています。地殻変動観測では、新燃岳方向が隆起する傾斜変動が継続しています。

本日、鹿児島県及び九州地方整備局の協力により実施した上空からの観測では、火口内の東側付近から、灰白色の噴煙が火口縁上700mまで上がり東へ流れていました。弾道を描いて飛散する大きな噴石は確認されませんでした。

鹿児島地方気象台及び宮崎地方気象台が実施した降灰調査の結果、宮崎市、都城市、小林市、高原町で降灰を確認しました。
火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。
風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - こんながけは危ない

こんながけは危ない

がけ崩れは人の命を奪う可能性の高い災害です。 突然斜面が崩れたり、崩れ落ちる速度が早いという特長があり、逃げ遅れる人が多くなっています。 そのため、どのような所で「がけ崩れ」が起きやすいかを知っ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
あきさめぜんせん【秋雨前線】
9月の上・中旬から10月の上・中旬にかけて、日本の南岸にあらわれる停滞前線。 夏、日本付近にあった亜熱帯高気圧(小笠原高気圧)が南下し、北から寒気をともな...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.