ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(新燃岳)

火山情報

  • 2017年3月17日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(新燃岳)

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
2017年3月17日16時0分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
新燃岳では、13日から15日にかけて火山性地震が一時的に増加しまし
たが、その後は少ない状態で経過しています。

新燃岳では、13日から15日にかけて火山性地震が一時的に増加しましたが、その後は少ない状態で経過しています。

本日(17日)に実施した現地調査では、新燃岳の西側斜面の割れ目付近の形状や噴気の状況に、特段の変化は認められませんでした。

3月13日からの火山性地震の回数(速報値)は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震
3月13日 32回
14日 35回
15日 25回
16日 8回
17日15時まで 0回
新燃岳では、火口内及び西側斜面で弱い噴気や熱異常域が引き続き確認されていることから、今後の火山活動の推移に注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 夏風邪予防法

夏風邪予防法

夏かぜのウィルスは増えるスピードが遅いために、体力が低下しているつまり夏バテしている人がかかってしまうことが多いです。夏かぜを引き起こすウィルスは、手から手へ、手から口へと感染するケースが多いの......[ 続きを読む ]

お天気用語集

りがんふう【離岸風】
岸から沖にむかってふく風。沖合で波が高くなることがある。
りがんきょり【離岸距離】
冬、寒気のふきだしにともなって海面上の積乱雲の列が発生し始めるところ。 日本海沖にみられ、大陸から積乱雲列の始まりまでの距離をいう。気象衛星画像で見ること...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.