ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(新燃岳)

火山情報

  • 2017年10月23日16時10分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(新燃岳)

警戒レベル
レベル3(入山規制)

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
2017年10月23日16時10分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
10月22日から10月23日15時までの霧島山(新燃岳)の活動状況をお知らせします。

新燃岳では、活発な火山活動が続いています。

本日(23日)、新湯温泉付近から実施した現地調査では、新燃岳の西側斜面の割れ目付近と割れ目の下方の噴気や熱異常域の状態に、特段の変化は認められませんでした。火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、1日あたり50トンと前回(16日、1日あたり500トン)と比べ減少しました。

本日、九州地方整備局の協力により実施した上空からの観測では、10月11日に噴火が発生した火口内東側の火孔付近から白色の噴煙が上がり、その他、火口内の複数の箇所から白色の噴煙が火口縁上100mまで上がっているのを確認しました。火口内の複数の窪地に水たまりがあるのを確認しました。新燃岳の西側斜面の割れ目付近と割れ目の下方の噴気や熱異常域の状態に、特段の変化は認められませんでした。

監視カメラによる観測では、白色の噴煙が火口縁上600mまで上がりました。

新燃岳付近の火山性地震は、昨日(22日)は11回、本日は15時までに3回発生しました。
火山性微動は、昨日から本日15時までは観測していません。

地殻変動観測では、新燃岳の明瞭な山体膨張を示す傾斜変動は認められませんが、GNSS連続観測によると、2017年7月頃から霧島山を挟む基線で伸びの傾向がみられており、霧島山の深い場所で膨張している可能性があります。

えびの岳付近(新燃岳の北西6km付近)の地震は、昨日は観測されませんでした。本日は15時までに1回発生しました。この付近は、2011年の新燃岳の噴火でマグマを供給したと推定される領域です。

新燃岳では、当面、火山灰を噴出する噴火活動が継続すると考えられます。また、今後、多量のマグマが新燃岳直下ヘ供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もあります。
弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね3kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね3kmの範囲では警戒してください。
噴火時には、風下側で火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
風下側では、火山ガスにも注意してください。また、地元自治体等が発表している火山ガスの情報にも留意してください。
爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。また、降雨時には土石流に注意してください。

次の火山の状況に関する解説情報は、24日(火)16時頃に発表の予定です。
なお、噴煙が火口縁上2000m以上に上がった場合や、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

うりょう【雨量】
降った雨が地中にしみ込んだり流れ出たりせず、一様な深さにたまったと仮定した時、その深さをmmで表したもの。(→降水量)
ぜんせん【前線】
地表における寒気団と暖気団の境界線。風向、風速の変化や降水をともなうことが多い。 前線は動きと構造により、「温暖前線」「寒冷前線」「閉塞前線」「停滞前線」...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.