ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 霧島山(新燃岳)

火山情報

  • 2017年12月15日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

霧島山(新燃岳)

警戒レベル
レベル3(入山規制)

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
2017年12月15日16時0分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
12月11日から12月15日15時までの霧島山(新燃岳)の活動状況をお知らせします。

新燃岳では、火山活動がやや高まった状態が続いています。

火山性地震は14日からやや増加しています。浅い場所を震源とする低周波地震は観測されていません。
火山性微動は、観測されていません。

13日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり100トン(前回12月5日、100トン)でした。また、新燃岳西側斜面の割れ目付近及び割れ目下方の噴気の状態や熱異常域の分布は、前回の観測(12月5日)と比べて特段の変化は認められませんでした。

監視カメラによる観測では、白色の噴煙が火口縁上概ね100m以下で経過し、最高は300mまで上がりました。

12月11日からの火山性地震、火山性微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震 火山性微動
12月11日 4回 0回
12日 1回 0回
13日 2回 0回
14日 18回 0回
15日15時まで 25回 0回

地殻変動観測では、新燃岳の明瞭な山体膨張を示す傾斜変動は認められません。GNSS連続観測では、7月頃からみられていた霧島山を挟む基線での伸びが一時停滞していましたが、10月末以降、再び伸びがみられます。このことから、霧島山の深い場所でマグマが蓄積されていると考えられますので、火山活動に注意が必要です。
弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
また、爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石流にも注意してください。
地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 12月から苺シーズン

12月から苺シーズン

クリスマスケーキといえば、 やっぱり真っ白なクリームに赤いイチゴが定番でしょう。 最近は、ブッシュドノエルなども増えてきましたが。 ケーキに欠かせないイチゴは、 12月から一気に市場に出てきま......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おおあめけいほう【大雨警報】
大雨により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雨警報は各都道府県の地方気象台や指定地...
シベリアきだん【シベリア気団】
冬にシベリアや中国東北区に出現する大陸性の寒帯気団のこと。 この気団からふき出す冬の季節風が日本海に達すると、海面から水蒸気の供給を受け、雪雲 となり、日...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.