ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 桜島

火山情報

  • 2019年7月19日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

桜島

警戒レベル
レベル3(入山規制)

火山名 桜島 火山の状況に関する解説情報
2019年7月19日16時0分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
7月16日から7月19日15時までの桜島の活動状況をお知らせします。南岳山頂火口及び昭和火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や小規模な火砕流を伴う噴火が引き続き発生するおそれがあります。

桜島では、噴火活動が続いています。

南岳山頂火口では、19日03時56分に爆発が発生し、噴煙は火口縁上600mまで上がりました。弾道を描いて飛散する大きな噴石は6合目(南岳山頂火口より800mから1100m)まで達しました。

火山性地震は少ない状態で経過しています。継続時間の短い火山性微動が発生しました。

17日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり1200トン(前回6月10日、700トン)とやや多い状態でした。

7月16日からの火山性地震、火山性微動、爆発の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震 火山性微動 爆発
7月16日 9回 0回 0回
17日 3回 0回 0回
18日 0回 0回 0回
19日15時まで 5回 1回 1回

GNSS連続観測では、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部の膨張を示す基線の伸びは停滞していますが、長期にわたり供給されたマグマが蓄積した状態です。
南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - こんなに違うぞ!夏休み

こんなに違うぞ!夏休み

小中学生は、まちにまった夏休みの始まりですね! ちょっと調べてみたら休める日数は、全国同じじゃなくて違っていました。関東から西の地方は、7月20日から8月31日までの42日間。北海道は、7月2......[ 続きを読む ]

お天気用語集

こうきあつ【高気圧】
周囲に比べて気圧が高いところを高気圧という。天気図の中心に「高」または「H」とかいてあり、等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気圧の値が...
だし【だし】
風が細長い峡谷を通って、谷の開口部から平野部や海上に向かってふき出す強い東よりの風。日本海側で船を海に出す東風の意味からつけられた。 山形県の清川だしや新...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.