ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 阿蘇山

火山情報

  • 2018年4月23日16時30分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

阿蘇山

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報
2018年4月23日16時30分 福岡管区気象台

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いていますが、その他の観測データに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候は認められません。

孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後も多い状態が続いていますが、3月10日以降は1日あたり200回から400回程度で経過しています。
火山性地震はやや多い状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過しています。

火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、3月以降、1日あたり500から1300トンと概ねやや少ない状態が継続しています。

16日に実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまりを確認しました。湯だまり量は前回(3日)に引き続き中岳第一火口底の10割で、湯だまりの表面温度は約72℃(前回3日、約68℃)と特段の変化はありませんでした。

中岳第一火口では、本日(23日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで上がりました。

地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

これらのことから、孤立型微動の多い状態が続いていますが、その他の観測データに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候は認められません。

3月3日から発表していた火山の状況に関する解説情報(臨時)は、これで終了します。
火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められませんが、火口内で土砂や火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - ツバメが低く飛ぶと雨

ツバメが低く飛ぶと雨

ツバメが低く飛ぶと雨という諺があります。 雨が降る前は空気中の水蒸気が増えるので ツバメの餌となる小さな虫たちのからだや羽も 湿り気をおびて重たくなるため、 虫たちは高く飛ぶことができなくなり......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
しゅうちゅうごうう【集中豪雨】
狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.