ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 九重山

火山情報

  • 2019年3月29日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

九重山

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 九重山 火山の状況に関する解説情報
2019年3月29日16時0分 福岡管区気象台

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
九重山では、昨日(28日)火山性地震が一時的に増加しましたが、その後は減少しています。その他の観測データにも特段の変化はなく、現時点では火山活動の活発化の兆候は認められません。

九重山では、昨日、硫黄山の北2km付近(三俣山付近)を震源とする火山性地震が一時的に増加しました。昨日の火山性地震の日回数は25回で、本日(29日)は15時まで観測されていません。また、火山性微動も観測されていません。

硫黄山の噴気の状況などに変化は認められず、地殻変動観測においても火山活動に伴う特段の変化は認められません。

これらのことより、現時点では火山活動の活発化の兆候は認められないことから、火山の状況に関する解説情報(臨時)はこれで終了します。

なお、2014年以降、硫黄山付近の地下の温度上昇を示唆する全磁力の変化がみられている他、2017年6月頃からは火山性流体の動きにより発生すると考えられている火山性地震が時折発生しています。
これらのことから、長期的には火山活動がわずかに高まっている可能性があります。
硫黄山の噴気孔群では、高温の火山ガスが噴出していることから、注意してください。
また、長期的には火山活動がわずかに高まっている可能性がありますので、今後の火山活動に留意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 雹の被害は5月が多い

雹の被害は5月が多い

風薫る5月はすがすがしいというイメージがありますが、 この時期に意外と多いのがヒョウの被害です。 7月や8月の夏の時期なら、朝からもくもくと白い雲が湧いて 午後からの夕立というのはそう珍しい光......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ぼうふう【暴風】
警報級の強い風のこと。 警報の基準は地域によってことなるが、平均風速18m/sから25m/sくらいをこえる風をいう。暴風に雨をともなうと暴風雨、雪をともな...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.