ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 焼岳

火山情報

  • 2018年12月5日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

焼岳

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 焼岳 火山の状況に関する解説情報
2018年12月5日16時0分 気象庁地震火山部

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
焼岳では、12月4日20時頃から山頂の東2km付近で発生した地震は減少しています。
この地震活動は、火山活動との直接の関係はないとみています。

焼岳では、12月4日20時頃から山頂の東2km付近で海面下約3kmのやや深いところを震源とする地震活動が活発化していましたが、本日(5日)に入り減少しています。
やや振幅の大きな地震(南峰南東観測点の上下動で30μm/s以上)の発生回数(速報値)は、4日19時から24時まで67回、5日0時から15時まで15回です。
山頂付近の浅い場所(海面以上)で発生する低周波地震や火山性微動は観測されておらず、また、地殻変動や噴煙の状況にも特段の変化はありません。
この地震活動は、火山活動との直接の関係はないとみています。

なお、この地震活動に関して発表していた火山の状況に関する解説情報は今回で終了します。
山頂付近では噴気や火山ガスの噴出に注意してください。
登山する際はヘルメットを持参するなどの安全対策をしてください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - インフルエンザウィルス

インフルエンザウィルス

インフルエンザの流行のピークは、1月から2月です。 12月から増え始め、4月には終息することが多いようです。 これは冬の気候がインフルエンザのウィルスが活動しやすいことをあらわしています。 そ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ゆき【雪】
雲から降る氷の結晶。 水蒸気を含んだ空気が上昇して、温度がひじょうに低くなると水蒸気は昇華して小さな氷の結晶(氷晶)となる。この氷晶の表面には、昇華してで...
れいか【冷夏】
夏期3ヶ月間の平均気温が平年よりも低いこと。 オホーツク海高気圧による「やませ」や梅雨前線の停滞などが大きな原因。東北地方では4〜5年に一度の割合で起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.