ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 浅間山

火山情報

  • 2017年1月20日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

浅間山

警戒レベル
レベル2(火口周辺規制)

火山名 浅間山 火山の状況に関する解説情報
2017年1月20日16時0分 気象庁地震火山部

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
1月16日から1月20日15時までの浅間山の活動状況をお知らせしま
す。
浅間山では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が増加しています。

火山活動はやや活発な状態で経過しています。

18日及び本日(20日)に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量はそれぞれ1日あたり3600トン、2700トン(前回:1月11日2200トン、13日1500トン)に増加しました。
今期間、噴煙の状況は、火口縁上概ね300メートル以下で推移しています。火映は観測されていません。

2015年4月下旬頃から増加している山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震は、今期間やや多い状態で経過しています。

火山性地震、火山性微動の発生回数は以下のとおりです(速報値を含む)。
火山性地震 火山性微動
1月16日 53回 0回
17日 38回 0回
18日 52回 0回
19日 63回 0回
20日(15時まで) 53回 0回

山頂の南南西にある塩野山の傾斜計では、2016年以降は北上がりの緩やかな変化がみられています。
火口から概ね2キロメートルの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
また風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - インフルエンザに注意

インフルエンザに注意

インフルエンザのウィルスの大きさはどのくらいだと思いますか? 粒子ひとつの大きさは直径約100nm(ナノメートル:1mmの100万分の1)と とっても小さいのです。 この小さなウィルスが感染した......[ 続きを読む ]

お天気用語集

からっかぜ【空っ風】
関東平野や東海地方で冬にふく冷たく乾いた風。北西の季節風が日本海側の地方に雪を降らせた後、中央山脈をこえ、これらの地方にふき下ろす。
たかしお【高潮】
潮位が通常よりいちじるしく高くなる現象。台風や発達した低気圧によって起こされる。 ときには海水が陸地に入ることもある。(高潮害)

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.