ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 浅間山

火山情報

  • 2018年8月30日11時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

浅間山

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 浅間山 噴火警報・予報
2018年8月30日11時0分 気象庁地震火山部

<浅間山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除を発表>
火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなりました。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引下げ>

浅間山では、火山性地震が、2018年6月頃からやや少ない状態となり、2018年5月頃からみられていた振幅のやや大きな地震も、8月上旬以降みられなくなっています。浅間山の西側の膨張を示すと考えられる地殻変動は、2018年に入ってから停滞しています。火映は2018年7月19日以降、観測されていません。山頂火口からの噴煙量及び火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、2018年5月頃から、概ね少ない状態となっています。
これらのことから、浅間山では火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなったと考えられます。ただし、火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性があります。

なお、定期的に発表していた火山の状況に関する解説情報は終了します。 火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性がありますので、火山灰噴出や火山ガス等に注意してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - なだれに注意

なだれに注意

ウィンタースポーツを思いっきり楽しめる季節ですが、 山に行く方は「なだれ」に要注意です。 なだれの種類には、大きく分けて2つあります。 1つは「新雪なだれ」、もう1つは「底なだれ」です。 「......[ 続きを読む ]

お天気用語集

せいそうけん【成層圏】
対流圏と中間圏の間にあり、高度約10〜50kmのところにある。オゾン層は成層圏にある。
れいか【冷夏】
夏期3ヶ月間の平均気温が平年よりも低いこと。 オホーツク海高気圧による「やませ」や梅雨前線の停滞などが大きな原因。東北地方では4〜5年に一度の割合で起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.