ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 浅間山

火山情報

  • 2017年3月24日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

浅間山

警戒レベル
レベル2(火口周辺規制)

火山名 浅間山 火山の状況に関する解説情報
2017年3月24日16時0分 気象庁地震火山部

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
3月20日から3月24日15時までの浅間山の活動状況をお知らせしま
す。

火山活動はやや活発な状態で経過しています。

今期間、噴煙の状況は、火口縁上概ね400メートル以下で推移しています。
22日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり3200トン(前回16日900トン)と多い状態でした。

2015年4月下旬頃から増加している山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震は、今期間やや多い状態で経過しています。

火山性地震、火山性微動の発生回数は以下のとおりです(速報値を含む)。
火山性地震 火山性微動
3月20日 97回 0回
21日 50回 0回
22日 37回 0回
23日 79回 0回
24日(15時まで) 23回 0回

山頂の南南西にある塩野山の傾斜計では、2015年6月上旬頃から12月にかけて観測された北または北西上がりのわずかな変化が、2016年12月頃から再び観測されています。
火口から概ね2キロメートルの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
また風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 春の天気はふく・ふる・どん

春の天気はふく・ふる・どん

春の天気の特徴と言いますと、「風が強い」「ほこりっぽい」などが頭に浮かびますが、 それと共に今まで以上に天気が変わりやすくなるという事でしょう。 冬場は冬型の気圧配置の日が多いため、太平洋側の......[ 続きを読む ]

お天気用語集

とうあつせん【等圧線】
同じ高度で気圧の同じところを結んだ線。これによって気圧配置の特徴が明らかになる。 天気図で等圧線の間隔が狭いところでは風が強く、広いところでは風は弱い。
きしょうよほうし【気象予報士】
1993年に新設された制度。国家資格である。 気象予報士になろうとする場合は気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けなくてはならない。 試験は年2回...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.