ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 火山情報 > 吾妻山

火山情報

  • 2016年10月17日16時0分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

吾妻山

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 吾妻山 火山の状況に関する解説情報
2016年10月17日16時0分 仙台管区気象台

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
10月11日から17日15時までの吾妻山の活動状況をお知らせします。

11日に実施した現地調査では、大穴火口および大穴火口周辺の噴気および地熱域に特段の変化はみられませんでした。

遠望カメラの観測では、大穴火口からの噴気の高さの最高は100mでした。

今期間、火山性地震および火山性微動は観測されませんでした。

浄土平の傾斜計(大穴火口の東南東約1km)の観測では、2014年7月頃から西南西側(火口方向側)上がりの変動で推移した後、2015年7月頃から停滞していましたが、2015年9月頃から西側下がりの傾向となっています。
GNSS連続観測では、2014年秋以降に一切経山付近の膨張を示す緩やかな変化がみられていましたが、2015年7月頃から停滞または収縮の傾向となっています。また、7日から11日にかけて実施したGNSS繰り返し観測でも同様に、大穴火口を囲む基線で縮みの傾向がみられました。
大穴火口及び周辺の地熱活動が継続していることから、大穴火口付近では小規模な噴火が発生する可能性がありますので、大穴火口周辺(火口から概ね500mの範囲)では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。また、大穴火口の風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石、火山ガスに注意してください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - 鉄道の暴雪設備

鉄道の暴雪設備

北海道の札幌では記録的な大雪となりました。 北日本ではこれから雪のシーズン本番です。 公共機関である鉄道の運行を維持するために、 雪の降る地域ではさまざまな防雪・除雪対策が取られています。 防......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ねったいていきあつ【熱帯低気圧】
熱帯(低緯度地方の海上)で発生する低気圧のこと。「台風」もこのタイプの低気圧である。 前線をともなわない。熱帯低気圧には次のような特徴がある。 1. 熱帯...
いじょうきしょう【異常気象】
平均気温や降水量が、過去30年(気象庁)ないし25年(世界気象機関(WMO))の気候に対して、著しいかたよりがみられる天候をいう。 異常気象はいくつかの原...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.