ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

livedoor天気は2020年7月31日をもちまして終了いたします。
詳細はこちら をご確認ください。

トップ > 火山情報 > 十勝岳

火山情報

  • 2020年6月15日15時20分発表

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

十勝岳

警戒レベル
レベル1(活火山であることに留意)

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報
2020年6月15日15時20分 札幌管区気象台

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
12日から13日にかけて現地調査を実施しました。62ー2火口内の地熱域の拡大と火口温度の上昇を確認しました。火口周辺は火山ガスの濃度が高い可能性があります。火口周辺には近づかないでください。

12日から13日にかけて実施した現地調査では、昨年と比較して62ー2火口内の地熱域の拡大と、火口温度の明瞭な上昇(今回約400度、2019年6月約200度)を確認しました。
7日から15日未明にかけて62ー2火口付近が明るく見える現象を時々観測しています。この現象は、高感度の監視カメラによってのみ確認できる程度の微弱なもので、高温のガス噴出や硫黄の燃焼等によるものと考えられます。
この現象に関連して火山性地震の増加や火山性微動は観測されず、地殻変動及び空振データには特段の変化はありません。また、他の火口からの噴煙の状況に変化はありません。
62ー2火口では、1998年頃から2000年頃にかけて火口温度が上昇し、火口付近が明るく見える現象が観測されました。また、2004年2月や4月にごく小規模な噴火が発生するなど火山活動の高まりがみられました。
十勝岳では、地熱域の拡大や温度上昇等がみられており、火山体浅部における活動の活発化を示唆する現象が引き続き観測されていますので火山活動の推移には注意が必要です。
活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危険な地域には立ち入らないでください。

火山情報の種類
情報名 予報文
緊急火山情報 火山現象による災害から人の生命および身体を保護するための必要があると認める場合に発表します。
臨時火山情報 火山現象による災害について防災上の注意を喚起するための必要があると認める場合に発表します。
火山観測情報 緊急火山情報又は臨時火山情報の保管その他火山活動の状態の変化等を周知する必要があると認める場合に発表します。

過去の発表

今日の豆知識 - クーラーの設定温度

クーラーの設定温度

連日暑い日が続いています。こんな時には思わずクーラーのスイッチに手が伸びてしまいますね。 でもちょっと待ってください。クーラーの効かせ過ぎには注意が必要です。 外の気温と室内の気温の差は5度以......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あねったいこうきあつ【亜熱帯高気圧】
亜熱帯の地域(緯度20〜30°付近)で帯状に地球を取りまくように分布している高気圧のこと。日本付近では夏にあらわれる太平洋高気圧(小笠原高気圧、北太平洋高...
ばいうぜんせん【梅雨前線】
春の終わりから初夏にかけ、暖かい小笠原気団と冷たいオホーツク海気団の境目にできる前線。日本の南岸にできるため、北海道を除く地域に影響をおよぼす。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.