ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 台風情報

台風情報

  •  

最新の情報を見るために、常に再読込(更新)を行ってください。

台風画像

台風4号

台風名 ニーダ
現在の位置 フィリピンの東
緯度・経度 北緯18.3度 東経122.3度
強さ ---
大きさ ---
中心気圧 980hPa
最大風速 30m/s
進行方向・速度 北西へ20km/h
暴風半径 60km
強風半径 東側 280km

2016年7月31日16時30分 発表

台風第4号は、31日15時にはフィリピンの東にあって、北西へ毎時20kmで進んでいます。
中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。
この台風は、1日15時には南シナ海に達し、2日15時には華南に達する見込みです。
その後、熱帯低気圧に変わるでしょう。
この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。
次回の台風情報は、1日10時30分の予定です。

台風の定義

熱帯や亜熱帯の海上で発生した低気圧(熱帯低気圧)のうち、中心付近の最大風速が17.2m/s以上になったものを台風と呼びます。
台風のおおよその勢力を示す目安として、下表のように台風の「大きさ」と「強さ」を表現します。
台風の「大きさ」は「強風域(平均風速15m/s以上の強い風が吹いている範囲)」の半径で、台風の「強さ」は「最大風速」で区分しています。

大きさの階級分け
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上 〜 800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上
強さの階級分け
階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上 〜 44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上 〜 54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上
風による被害想定
平均風速(m/s) 想定被害
10以上〜15未満 樹木全体が揺れる。電線が鳴る
15以上〜20未満 風に向かって歩けない。転倒する人もでる
20以上〜25未満 しっかりと身体を確保しないと転倒する
25以上〜30未満 ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める
30以上〜 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる
雨による被害想定
1時間雨量(mm) 想定被害
10以上〜20未満 地面一面に水溜りが出来る
20以上〜30未満 傘を差していても濡れ始める
30以上〜50未満 道路が川のようになる
50以上〜80未満 マンホールから水が噴出し始める
80以上〜 大規模な災害の発生する恐れが強くなる

今日の豆知識 - 雲に乗れるか

雲に乗れるか

青空にぽっかりと浮かぶ綿雲、あるいは山の頂きから、はてしなく広がる雲海を眺めて、、誰しも子供の頃、一度はあの雲に乗ってみたいと思った事でしょう。 そもそも雲自体、どうして空に浮かんでいられるので......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おんたいていきあつ【温帯低気圧】
緯度30〜60°付近の温帯地方の前線上で発生する低気圧。温帯低気圧には次のような特徴がある。 1. 北からの寒気と南からの暖気がぶつかってできる前線上、つ...
れいか【冷夏】
夏期3ヶ月間の平均気温が平年よりも低いこと。 オホーツク海高気圧による「やませ」や梅雨前線の停滞などが大きな原因。東北地方では4〜5年に一度の割合で起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.