ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > アメダス

アメダス:お天気用語集(あ行)

アメダス(あめだす)

気象庁が開発し1974年から運用している地域気象観測システムのこと。アメダスとはAutomated Meteorological Data Acquisition System の頭文字を並べた略称。
観測は降水量、気温、風向、風速、日照の4要素だが、降水量のみの観測地点もあり、また豪雪地帯では冬季、積雪の深さを観測しているところもある。全国の観測地点は降水量で約1300か所、4要素で約840か所となっていて、平均すると降水量なら約17km、4要素なら約21kmの間隔に観測所が置かれている。アメダスでは10分ごとに観測を行ない、データは専用の電話回線で東京にある地域気象センターに集められ、コンピューターで編集した後、気象台などに配信される。アメダスのきめ細かいデータ網は、局地的な気象状況を監視することができるので、集中豪雨や暴風雨雪などにより起こる気象災害の防止に役立っている。

「アメダス」をウェブ検索するアメダス」をウェブ検索する

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おぞんほーる【オゾンホール】
北極や南極の極地方でほぼ円形状にオゾン濃度が低い領域ができること。 9月後半から10月の南極上空で著しい。この現象はオゾン層に穴があいたように見えるのでオ...
たいりゅうけん【対流圏】
地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。 対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.