ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > アメダス

アメダス:お天気用語集(あ行)

アメダス(あめだす)

気象庁が開発し1974年から運用している地域気象観測システムのこと。アメダスとはAutomated Meteorological Data Acquisition System の頭文字を並べた略称。
観測は降水量、気温、風向、風速、日照の4要素だが、降水量のみの観測地点もあり、また豪雪地帯では冬季、積雪の深さを観測しているところもある。全国の観測地点は降水量で約1300か所、4要素で約840か所となっていて、平均すると降水量なら約17km、4要素なら約21kmの間隔に観測所が置かれている。アメダスでは10分ごとに観測を行ない、データは専用の電話回線で東京にある地域気象センターに集められ、コンピューターで編集した後、気象台などに配信される。アメダスのきめ細かいデータ網は、局地的な気象状況を監視することができるので、集中豪雨や暴風雨雪などにより起こる気象災害の防止に役立っている。

「アメダス」をウェブ検索するアメダス」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.