ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > オホーツク海高気圧

オホーツク海高気圧:お天気用語集(あ行)

オホーツク海高気圧(おほーつくかいこうきあつ)

オホーツク海や千島付近で勢力を強める高気圧。梅雨期に多く現れ、2週間以上停滞することもある。この高気圧の圏内で低温・多湿の「オホーツク海気団」ができる。ここからふき出す北東の風は「やませ」や「北東気流」とよばれ、東北地方から関東地方の太平洋側の梅雨寒や冷夏、日照不足をもたらし、冷害を引き起こす。

「オホーツク海高気圧」をウェブ検索するオホーツク海高気圧」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 12月から苺シーズン

12月から苺シーズン

クリスマスケーキといえば、 やっぱり真っ白なクリームに赤いイチゴが定番でしょう。 最近は、ブッシュドノエルなども増えてきましたが。 ケーキに欠かせないイチゴは、 12月から一気に市場に出てきま......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おおあめけいほう【大雨警報】
大雨により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雨警報は各都道府県の地方気象台や指定地...
シベリアきだん【シベリア気団】
冬にシベリアや中国東北区に出現する大陸性の寒帯気団のこと。 この気団からふき出す冬の季節風が日本海に達すると、海面から水蒸気の供給を受け、雪雲 となり、日...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.