ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > オホーツク海高気圧

オホーツク海高気圧:お天気用語集(あ行)

オホーツク海高気圧(おほーつくかいこうきあつ)

オホーツク海や千島付近で勢力を強める高気圧。梅雨期に多く現れ、2週間以上停滞することもある。この高気圧の圏内で低温・多湿の「オホーツク海気団」ができる。ここからふき出す北東の風は「やませ」や「北東気流」とよばれ、東北地方から関東地方の太平洋側の梅雨寒や冷夏、日照不足をもたらし、冷害を引き起こす。

「オホーツク海高気圧」をウェブ検索するオホーツク海高気圧」をウェブ検索する

今日の豆知識 - よしずとブラインド

よしずとブラインド

最近は「よしず」を目にする機会が少なくなってきました。 昔は、西陽を遮ぎって外からの目隠し効果もあることから多くの家庭で使われていました。今は「ブラインド」を取り入れている家庭が多いのではない......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しゅうう、しゅうせつ【しゅう雨、しゅう雪】
にわか雨、にわか雪のこと。積乱雲などの対流性の雲から降る雨、雪。
こうすいりょう【降水量】
雨と雪をあわせた量。氷粒や雪片のときはとかして測定する。mmであらわす。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.