ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > オホーツク海気団

オホーツク海気団:お天気用語集(あ行)

オホーツク海気団(おほーつくかいきだん)

初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込むと、小雨やくもりの天候となる。冷夏、やませをもたらす原因である。オホーツク海気団と小笠原気団の境目に梅雨前線が発生する。

「オホーツク海気団」をウェブ検索するオホーツク海気団」をウェブ検索する

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おぞんほーる【オゾンホール】
北極や南極の極地方でほぼ円形状にオゾン濃度が低い領域ができること。 9月後半から10月の南極上空で著しい。この現象はオゾン層に穴があいたように見えるのでオ...
たいりゅうけん【対流圏】
地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。 対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.