ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > エルニーニョ現象

エルニーニョ現象:お天気用語集(あ行)

エルニーニョ現象(えるにーにょげんしょう)

赤道付近の東太平洋(ペルーやエクアドル沖合)でおよそ1000kmの広がりをもって、海面温度が異常に高くなる現象のこと。この海域では平常な季節変化として毎年クリスマス頃になると、一時的に海水温度が高く、塩分が少ない海水が現れる。しかし、数年に一度この現象が6ヶ月から1年くらい続くことがあり、これをエルニーニョ現象という。エルニーニョとはスペイン語で「神の子」の意味で、クリスマス頃現象が始まるため、このような呼び名になった。なお、エルニーニョ現象が起こると世界各地で気温や降水量の変化が顕著に現れやすくなり、日本では冷夏、暖冬、梅雨明けの遅れ、日本付近では台風の発生数が減少する傾向がある。エルニーニョ現象の原因はまだよくわかっていないが、熱帯の太平洋全体におよぶ気象の変化、さらには地球全体の気象の変化と関係しているといわれる。(⇔ラニーニャ現象)

「エルニーニョ現象」をウェブ検索するエルニーニョ現象」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 晴れているのに雪が舞う

晴れているのに雪が舞う

「晴れ時々曇りでにわか雪」という天気予報が、発表されることがあります。 このような天気は冬の太平洋側の地方に共通しているもので、 日本海側や山沿いに雪を降らせていたものが、 時々山脈を越えて太平......[ 続きを読む ]

お天気用語集

こがらし【木枯らし】
晩秋から初冬にかけてふく、やや北よりの風。「木枯らし一号」とは東京や大阪で「おしらせ」として発表している。
かんてんぼうき【観天望気】
雲をながめたり、風や暖かさ、湿っぽさを感じとることで天気を予測すること。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.