ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > エアロゾル、エーロゾル

エアロゾル、エーロゾル:お天気用語集(あ行)

エアロゾル、エーロゾル(えあろぞる、えーろぞる)

大気中に分散して浮遊している固体(火山灰や砂やちり、花粉など)や液体の微粒子。
大気中の水蒸気が細かい水の粒を形成し雲や霧を生じるとき、その核となるものもある。
一方、エアロゾルは太陽の光を散乱、吸収してしまうため、地上に届く太陽光を減少させる効果(日傘効果)もある。

「エアロゾル、エーロゾル」をウェブ検索するエアロゾル、エーロゾル」をウェブ検索する

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おぞんほーる【オゾンホール】
北極や南極の極地方でほぼ円形状にオゾン濃度が低い領域ができること。 9月後半から10月の南極上空で著しい。この現象はオゾン層に穴があいたように見えるのでオ...
たいりゅうけん【対流圏】
地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。 対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.