ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > エアロゾル、エーロゾル

エアロゾル、エーロゾル:お天気用語集(あ行)

エアロゾル、エーロゾル(えあろぞる、えーろぞる)

大気中に分散して浮遊している固体(火山灰や砂やちり、花粉など)や液体の微粒子。
大気中の水蒸気が細かい水の粒を形成し雲や霧を生じるとき、その核となるものもある。
一方、エアロゾルは太陽の光を散乱、吸収してしまうため、地上に届く太陽光を減少させる効果(日傘効果)もある。

「エアロゾル、エーロゾル」をウェブ検索するエアロゾル、エーロゾル」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 紫外線の季節変化

紫外線の季節変化

陽気がよく、晴れた日は外で過ごすのが 気持ちいいですよね。 でも気をつけなければいけないことがあります。 それは紫外線です。 太陽高度が高くなるにつれ、紫外線の量も多くなります。 このグラフは......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たいふう【台風】
北西太平洋にある熱帯低気圧のうち、域内の風力が8以上(最大風速17.2m/s以上)であるもの。 台風は暖かい空気でできていて、水蒸気が水に変わるときの熱(...
おおあめけいほう【大雨警報】
大雨により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雨警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.