ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > な行 > 雪崩

雪崩:お天気用語集(な行)

雪崩(なだれ)

雪崩には「表層なだれ」と「全層なだれ」がある。
表層なだれ:気温が低く、古い積雪の上に大雪が降ったあと新雪がすべり落ちること。
「新雪なだれ」ともいう。なだれは巨大な雪煙をあげながら高速で長距離をすべり落ちる。
なだれの死者の9割がこのタイプのものによるといわれる。真冬に大雪が降ったときに起こりやすい。
全層なだれ:春先のくもりや雨の暖かい日、積雪層の下部と地面との間で雪解け水が流れ落ちるためにすき間ができ、積雪層の全体がすべり落ちる現象。

「雪崩」をウェブ検索する雪崩」をウェブ検索する

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.