ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > あ行 > 雨量計

雨量計:お天気用語集(あ行)

雨量計(うりょうけい)

雨の量を正しくはかるために用いる測器。「貯水型指示雨量計」と「転倒ます型雨量計」が代表的である。
貯水型指示雨量計では、直径20cmの円筒の中に「貯水ビン」と「受水器」がセットしてあり、上から入った雨はすべてこのビンの中にたまる仕組みになっている。貯水ビンにたまった雨を「雨量ます」に入れかえ、目盛り(mm)を読むとその値が雨量となる。
一方、転倒ます型雨量計は雨量計内の漏斗(じょうご)の下に0.5mmまたは1.0mmの雨がたまると転倒する「ます」があり、「ます」が転倒するたびに電気信号を送り、この回数から雨量を測定する。
雨量計を設置する場合、雨が地面ではね返って雨量計に入るのを防ぐため、まわりには芝を植える。

「雨量計」をウェブ検索する雨量計」をウェブ検索する

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おぞんほーる【オゾンホール】
北極や南極の極地方でほぼ円形状にオゾン濃度が低い領域ができること。 9月後半から10月の南極上空で著しい。この現象はオゾン層に穴があいたように見えるのでオ...
たいりゅうけん【対流圏】
地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。 対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.