ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > た行 > 台風

台風:お天気用語集(た行)

台風(たいふう)

北西太平洋にある熱帯低気圧のうち、域内の風力が8以上(最大風速17.2m/s以上)であるもの。
台風は暖かい空気でできていて、水蒸気が水に変わるときの熱(潜熱)がエネルギー源となっているので、台風が発生、発達するのは、水蒸気の豊富な熱帯の海上である。天気図をみると台風の等圧線は同心円状となり、その間隔は中心ほどせまくなっている。
台風内の風向変化は半時計周りであり、進行方向の右側半円では、台風自身の移動速度も加わるため風速が強くなる。
台風による災害は、大雨、風害、河川のはんらん、土砂災害などである。
台風の大きさは風速15m/s以上の領域の半径を基準にして決め、強さは台風の最大風速を基準にして決める。
大きさ 大型(大きい):500〜800km未満
超大型(非常に大きい):800km以上
強さ 強い:33m/s以上〜44m/s未満
非常に強い:44m/s以上〜54m/s未満
猛烈な:54m/s以上(→熱帯低気圧)
なお、ハリケーンはカリブ海・メキシコ湾、サイクロンはインド洋・アラビア海・ベンガル湾で発生したものである。

「台風」をウェブ検索する台風」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 山を上るサクラ

山を上るサクラ

街中のサクラが散った後も、まだ山のサクラが楽しめますよ。 標高が高くなるほど気温が低く、サクラの開花は遅れます。 サクラ前線が山を上る速さは、2〜3日で100メートルぐらいです。 ふもとのサク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たいりゅうけん【対流圏】
地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。 対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。
ふぇーんげんしょう【フェーン現象】
山からふき下りる暖かく乾いた風。 湿った風が山の斜面に沿って上昇すると、100mについて0.5℃の割合で気温が下がり、飽和水蒸気量も小さくなるので、水蒸気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.