ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > お天気用語集 > さ行 > 赤外画像

赤外画像:お天気用語集(さ行)

赤外画像(せきがいがぞう)

気象衛星には可視光線および赤外光線に感度をもつセンサーを搭載しているが、このうち赤外線での観測をもとに作られる画像のこと。この画像は気温の低いところほど白い画像となりつまり雲頂高度の高い雲ほど白く写る。天気予報で用いられる気象衛星の画像はこのタイプである。

「赤外画像」をウェブ検索する赤外画像」をウェブ検索する

今日の豆知識 - 日照時間の変化

日照時間の変化

冬が近づくにつれて、日本海側では曇りや雨の日が多くなります。 一方、太平洋側は晴れる日が多くなります。 新潟と東京の日照時間を比べてみると、 9月から10月中旬までは、新潟の方が東京よりも長く......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あねったいこうきあつ【亜熱帯高気圧】
亜熱帯の地域(緯度20〜30°付近)で帯状に地球を取りまくように分布している高気圧のこと。日本付近では夏にあらわれる太平洋高気圧(小笠原高気圧、北太平洋高...
ふうこうふうそくけい【風向風速計】
風向と風速を観測する測器のこと。 風杯型風向風速計および風車型風向風速計が、主に用いられている。 風向は、板や飛行機のような形をしたものが風の向きに応じて...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.