ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

露のことわざ

  • お天気まめ知識のRSS

9月7日は二十四節気の一つ「白露」です。

野の草に露が降りて白く見え、秋の趣がひとしお感じられる頃、という意味で、露は秋の季語にもなっています。
露とは空気中の水蒸気が、気温が下がったことによって空気中にいられなくなり、
草や葉(もちろん地面や建物にもつきます)などについた水のことで、
これからの時期、朝晩の気温が下がる日に多く見ることができます。

露に関することわざを調べてみると、「露が降りたときには晴れる」
ということわざを多く見つけることができます。
露は気温が十分に下がっている時、つまり、よく晴れて、風もなく、
地表付近の熱が上空に逃げる「放射冷却現象」が強く起こっている時に多く降ります。
こんなときは高気圧に覆われ、安定した気圧配置になっていることが多くなっています。
このため、朝に露が多く降りるようなときはその日は晴れる、
また、夜のうちに露が降りているときには翌日は晴れる可能性が高い、ということが言えるわけです。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.