ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

秋分の日

  • お天気まめ知識のRSS

秋分の日は昼と夜の長さが同じ、
つまり12時間ずつと思っている人も多いと思います。
ところが秋分の日は昼の時間の方が長いのです。
太陽の中心が地平線から出て地平線に沈むまでの時間を測ると
たしかに12時間なのですが、
日の出は太陽の一部が出たとき
そして日の入りは太陽が完全に沈んだ時なのです。
(大気の屈折による“浮き上がり現象”も入れると)
日の出から太陽の中心が出るまでの時間は4分
そして太陽の中心が沈んでから日の入りまでの時間も4分。
つまり昼の長さは12時間8分になるわけです。

実際に昼と夜の長さが12時間ずつで同じになるのは秋分から
3日後の9月26日ごろ、
秋の彼岸の終わりごろになります。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あたたかいあめ【暖かい雨】
凝結の始まりから雨が降るまで、一度も氷の粒を作らない雨。夏に降る。
ひょう【雹】
直径5mm以上の氷の粒。積乱雲から降る。5mm以下のものは「あられ」。積乱雲や雷雲の中の強い対流にのって,雲粒が上昇・下降を繰り返しながら成長し,雷雨に伴...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.