ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

下駄で足が痛くならないために

  • お天気まめ知識のRSS

この時期は各地で花火大会がめじろ押し。浴衣姿の女性も多く見られます。
浴衣のときの足元は、やはり下駄があいますね。

ただ、この下駄。慣れていないと「げたずれ」を起こして、足の指の間がとても痛くなるということがあります。そうなると花火どころではありません。

そうならないためには、下駄の鼻緒を手でよくもんでおく(鼻緒の芯はボール紙なので、揉めば揉むほど柔らかくなる)、
履く前に鼻緒にベビーパウダーをたっぷりとはたいておく、などをしておくのがよいでしょう。
なったときのためのバンソウコウもお忘れなく。
ただ、一番効果的なのは普段からよく履き慣らしておくことです。
なお、これから下駄を買おうという方は、昔ながらの2枚歯のものより、
足裏に当たる面が曲線を描いているものの方が痛くならないようです。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.