ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

大型台風の特徴

  • お天気まめ知識のRSS

気象庁は最大風速や強風域(風速15m/以上)の大きさで、台風の強さや大きさを分類していますが、超大型の台風は、強風域が半径800km以上のものをさし、その大きさは日本をすっぽりと覆ってしまうほどです。

台風はその大きさや強さによって、それぞれ特徴があります。
大型の台風の場合、
・長い時間大雨を降らせたり強い風を吹かせる→大きな被害になりやすい
・広い範囲に影響を及ぼす→中心がすこしくらい離れたところを通っても影響が出る
・台風の中心から離れていても、海ではうねりが入り、また、風も強く吹く→離れているからといって油断できない
などがあげられます。

まだ台風が遠くにあるからといって、油断は禁物です。特に海のレジャーは十分注意しましょう。また、近づいてくるといった情報が入ったときには、屋根の修理など家まわりの準備は
早めにを行うようにしましょう。

今日の豆知識 - 紅葉と初霜どちらが早い?

紅葉と初霜どちらが早い?

この先一か月ぐらいは、全国各地で紅葉狩り(もみじがり)のピークになりますね。 紅葉狩りにでかけるときには、 それなりの防寒対策、厚手の服装が必要です。 全国の気象台や測候所で、紅葉(こうよう)......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しゅうちゅうごうう【集中豪雨】
狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。
しっすう【湿数】
気温から露点温度の差。値が小さいほど湿っている。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.