ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

草むらの弦楽奏者

  • お天気まめ知識のRSS

昼間はまだ残暑の厳しい時期ですが、朝晩は少しずつしのぎやすくなって来ました。暗くなってから草むらの側を通る時など、そっと耳を澄ましてみて下さい。昼間の内賑やかだったセミ達に代わって、そろそろコオロギの鳴き声が聞かれるようになって来るんですね。例年でも今頃は、本州の中部から西日本の広い地域で鳴き始め、今月の下旬には日本のどこでも聞かれるようになって来ます。

 ところで昼間の主役であるセミ達は、お腹を震わせて鳴くことから声楽奏者に例えられています。それに対して、コオロギ達は羽を擦り合わせて鳴くために、弦楽奏者にも例えられるんですね。耳を澄ませば、もう貴方の所でも、涼しげな音色が聞かれるかもしれません。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.