ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

七夕の星天率

  • お天気まめ知識のRSS

七夕といえば、天の川が見えるかどうか、気になるのは夜の天気です。

7月7日の過去10年間の天気をみてみましょう。
晴れの天気の割合は、札幌と那覇で2年に1回、仙台や福岡で3年に1回です。
東京や大阪になると、10年のうち1回か2回しか、七夕の星空を楽しめません。
この時期は、ちょうど梅雨前線が本州のあたりに停滞します。
本州付近で、織女星&牽牛星、年に1度のデートを見られるのは、幸運な年といえるでしょう。
でも、昔の人たちと同じ暦、旧暦の七夕なら、星空の確率はもっと高くなります。
新暦でいうと8月26日頃で、この時期なら、10年のうち5回から7回は星空を見られるようになります。

7月7日がだめだったら、旧暦の七夕で試してみてはいかがでしょうか?

今日の豆知識 - 低温やけどに御用心

低温やけどに御用心

朝晩の冷え込みが厳しく、暖房器具を使うことが多くなりました。 使い捨てカイロや電気カーペット、湯タンポやアンカを使うときは 低温やけどに気をつけて下さい。 やけどというと火や熱湯など高温のもの......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しもばしら【霜柱】
地表面が乾燥して0℃以下のとき、土の中の水が上がってきて地上で氷結。その際、柱のよ うな氷の結晶を作ったもの。
あめたいふう【雨台風】
風による被害より、雨による被害のほうが大きい台風。(⇔風台風)

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.