ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

七夕の星天率

  • お天気まめ知識のRSS

七夕といえば、天の川が見えるかどうか、気になるのは夜の天気です。

7月7日の過去10年間の天気をみてみましょう。
晴れの天気の割合は、札幌と那覇で2年に1回、仙台や福岡で3年に1回です。
東京や大阪になると、10年のうち1回か2回しか、七夕の星空を楽しめません。
この時期は、ちょうど梅雨前線が本州のあたりに停滞します。
本州付近で、織女星&牽牛星、年に1度のデートを見られるのは、幸運な年といえるでしょう。
でも、昔の人たちと同じ暦、旧暦の七夕なら、星空の確率はもっと高くなります。
新暦でいうと8月26日頃で、この時期なら、10年のうち5回から7回は星空を見られるようになります。

7月7日がだめだったら、旧暦の七夕で試してみてはいかがでしょうか?

今日の豆知識 - 紫外線の季節変化

紫外線の季節変化

陽気がよく、晴れた日は外で過ごすのが 気持ちいいですよね。 でも気をつけなければいけないことがあります。 それは紫外線です。 太陽高度が高くなるにつれ、紫外線の量も多くなります。 このグラフは......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おおあめじょうほう【大雨情報】
大雨警報・大雨注意報の内容を補足するために発表される情報のこと。 「大雨情報」は大雨にかなり先立って広い範囲の領域に対して大雨の可能性を警告する内容のもの...
しつどけい【湿度計】
湿度を測定する湿度計には、通風乾湿計、毛髪湿度計、露点湿度計、電気湿度計、赤外線湿度計、紫外線湿度計などがある。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.