ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

七夕の星天率

  • お天気まめ知識のRSS

七夕といえば、天の川が見えるかどうか、気になるのは夜の天気です。

7月7日の過去10年間の天気をみてみましょう。
晴れの天気の割合は、札幌と那覇で2年に1回、仙台や福岡で3年に1回です。
東京や大阪になると、10年のうち1回か2回しか、七夕の星空を楽しめません。
この時期は、ちょうど梅雨前線が本州のあたりに停滞します。
本州付近で、織女星&牽牛星、年に1度のデートを見られるのは、幸運な年といえるでしょう。
でも、昔の人たちと同じ暦、旧暦の七夕なら、星空の確率はもっと高くなります。
新暦でいうと8月26日頃で、この時期なら、10年のうち5回から7回は星空を見られるようになります。

7月7日がだめだったら、旧暦の七夕で試してみてはいかがでしょうか?

今日の豆知識 - サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

野球場では人工芝も使われますが、サッカー場は全て天然芝。 同じく天然芝でプレーするゴルフと芝を比べてみましょう。 一言で言うなら「サッカーは五分刈り・ゴルフは五厘(ごりん)」 まず芝の長さが違......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.