ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雷が発生する時間帯

  • お天気まめ知識のRSS

関東で雷が発生する時間帯は、午後が一番多くなっています。

関東は、夏が1年中で最も雷の多い季節です。夏に雷が多い主な理由としては、地上付近の気温が高くなり、大気の状態が不安定になりやすいことがあげられます。気温が高くなればなるほど、大気の状態は不安定になり、にわか雨や雷雨が起こりやすくなります。このため、気温がまだ低い朝や午前は、雷はそれほど発生しません。1日で最も気温の高い午後の時間帯に、雷が最も多く発生します。

夜になって地上付近の気温が下がると、大気の状態は次第に安定します。このため、にわか雨や雷雨は午後よりも起こりにくくなります。

今日の豆知識 - サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

野球場では人工芝も使われますが、サッカー場は全て天然芝。 同じく天然芝でプレーするゴルフと芝を比べてみましょう。 一言で言うなら「サッカーは五分刈り・ゴルフは五厘(ごりん)」 まず芝の長さが違......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.