ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雲に乗れるか

  • お天気まめ知識のRSS

青空にぽっかりと浮かぶ綿雲、あるいは山の頂きから、はてしなく広がる雲海を眺めて、、誰しも子供の頃、一度はあの雲に乗ってみたいと思った事でしょう。
そもそも雲自体、どうして空に浮かんでいられるのでしょうか?

これは雲の一つ一つの粒の大きさが、1ミリの100分の1くらいと極めて小さく軽いいために、落ちる速度と上昇気流のバランスであたかも浮かんでいるように見えるだけなんですね。
つまり私達が雲に乗るには、およそ6兆個というとてつもない数に分身して、雲粒と同じ位の小人になれれば、乗れる事になる訳です。

もちろんこんな事は現実には不可能ですが、せめて夢の中だけでも、孫悟空の気分を味わってみたいものですね。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ていたいぜんせん【停滞前線】
ほぼ同じところにとどまっている前線。梅雨前線、秋雨前線などが代表的。 寒気と暖気の強さが同程度でぶつかったまま動かなくなるため、前線が停滞する。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.