ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨の流れ

  • お天気まめ知識のRSS

日本には、春と夏の間に第5の季節といわれる「梅雨(つゆ)」があります。
5月の大型連休が終わる頃、南の沖縄に一足早く雨の季節がやってきます。

その後、梅雨前線の活動する位置が次第に北上するようになって、
6月に入ると、九州・四国や本州で、梅雨(つゆ)が始まります。
平年の梅雨入りは、九州南部で5月29日頃、近畿で6月6日頃、
東海・関東甲信で8日頃、東北北部では12日頃です。

梅雨が本格的になるのが6月下旬頃からで、
西日本は「ドシャ降り型」、東日本は「シトシト型」といえます。
西日本は雨が大粒で、雷を伴ったり、量が多いのも特徴です。
東日本は西日本に比べると雨粒は小さく、弱い雨が多い傾向です。
東北地方では肌寒く感じられることもあります。

南から始まる梅雨前線の北上は、
7月中旬から下旬には津軽海峡付近に達して消滅することが多く、
これが梅雨の大きな流れといえます。

今日の豆知識 - ふとんのダニ退治

ふとんのダニ退治

これから暑くなってくるとふとんも薄いものに変えますよね。 このように季節の変わり目、 押入れにしまっておいたふとんを出すときは、 そのまま使うのはちょっと待って下さい。 ふとんにはダニがたくさ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ねったいや【熱帯夜】
夜間の最低気温が25℃以上のこと。
ドップラーレーダー【ドップラーレーダー】
気象レーダーの一種。電波を利用して降水粒子などの移動する速度を測定し、これから風を求める気象レーダー。気流の状態を直接知ることができる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.