ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

大雨警報の基準

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨も最盛期から末期になると、
梅雨前線の活動も活発になり大雨が降りやすくなってきます。
このように大雨によって災害が起こる恐れがある時は
警報を発表し警戒を呼びかけています。

大雨警報の発表される基準が決められていますが、
地域によって違いがあるのです。
これはその地域の災害の発生状況や
防災対策の状況をもとに決められています。

関東地方の例ですが、
千葉県北西部では1時間の40ミリ、
群馬県は80ミリ、伊豆諸島では50ミリの雨が降ると
予想されるときに警報が発表されます。
24時間の雨量はそれぞれ100ミリ、200ミリ、300ミリと
なっています。
同じ関東地方でも雨に対する強さがずいぶん違います。
警報の基準には他に3時間雨量の基準も定められています。

今日の豆知識 - 窓拭きはくもりの日に

窓拭きはくもりの日に

今年も残り少なくなってきました。 大掃除やお買い物など年越し準備はやることがたくさんあって 何かと忙しいですね。 スケジュールをしっかりたてて効率よくしたいものです。 窓拭きはくもりの日にした方......[ 続きを読む ]

お天気用語集

かいせい【快晴】
空に雲がほどんどない状態。雲量が1以下。
れーだー【Radar】
RadarとはRadio detecting And Rangingの略語。気象レーダーでは降水粒子(雨滴や雪)を探知している。レーダーのアンテナで電波を...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.