ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

大雨警報の基準

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨も最盛期から末期になると、
梅雨前線の活動も活発になり大雨が降りやすくなってきます。
このように大雨によって災害が起こる恐れがある時は
警報を発表し警戒を呼びかけています。

大雨警報の発表される基準が決められていますが、
地域によって違いがあるのです。
これはその地域の災害の発生状況や
防災対策の状況をもとに決められています。

関東地方の例ですが、
千葉県北西部では1時間の40ミリ、
群馬県は80ミリ、伊豆諸島では50ミリの雨が降ると
予想されるときに警報が発表されます。
24時間の雨量はそれぞれ100ミリ、200ミリ、300ミリと
なっています。
同じ関東地方でも雨に対する強さがずいぶん違います。
警報の基準には他に3時間雨量の基準も定められています。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あたたかいあめ【暖かい雨】
凝結の始まりから雨が降るまで、一度も氷の粒を作らない雨。夏に降る。
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.