ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

大雨警報の基準

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨も最盛期から末期になると、
梅雨前線の活動も活発になり大雨が降りやすくなってきます。
このように大雨によって災害が起こる恐れがある時は
警報を発表し警戒を呼びかけています。

大雨警報の発表される基準が決められていますが、
地域によって違いがあるのです。
これはその地域の災害の発生状況や
防災対策の状況をもとに決められています。

関東地方の例ですが、
千葉県北西部では1時間の40ミリ、
群馬県は80ミリ、伊豆諸島では50ミリの雨が降ると
予想されるときに警報が発表されます。
24時間の雨量はそれぞれ100ミリ、200ミリ、300ミリと
なっています。
同じ関東地方でも雨に対する強さがずいぶん違います。
警報の基準には他に3時間雨量の基準も定められています。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.