ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

てるてる坊主の呼び名

  • お天気まめ知識のRSS

「てるてる坊主 照る坊主 あした天気にしておくれ」

てるてる坊主の元になったのは、
中国の掃晴娘(サオチンニャン)人形だといわれています。
赤と緑の着物にほうきを持たせた掃晴娘人形を、
軒に吊るして晴れを祈ったのが日本に伝わったそうです。
呼び方もいろいろあって「てれてれ坊主」とか、
「てりてり法師」、東日本では日和坊主(ひよりぼうず)
とも呼ばれていたらしいです。

また「日和申し」という言葉が残っていますが、
これは晴天を祈るお祭りのようなものである。
この儀式には「形代」(かたしろ)が使われました。
形代は「ひとがた」つまり「人形」でした。
多くは紙で人間の形をなぞったものをつくり
これを川に流したり焼いたりして、災いを防ごうとしたわけです。
このときの儀式に使われた形代が
日和坊主、あるいはてるてる坊主として
子どもたちのおまじないの対象として残ったのだそうです。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.