ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨の雨・東西比較

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨の雨の降り方は東と西で傾向が違います。
ひとことで言うと、西はザーザー・東はシトシトです。

梅雨期間、1日当たりの雨の量をみてみましょう。
西へ行くほど雨の量は多く、沖縄や九州では14ミリ以上、
東海から四国の太平洋側や中国地方も10ミリを超えています。
同じ梅雨前線の雨でも、この方面は南から非常に湿った空気が入り、
強い雨が降りやすい地域です。

一方、本州の中部までくると6ミリから10ミリ、
東北の太平洋側は6ミリ以下と九州の半分になります。
とくに梅雨の前半、関東や東北の太平洋側は、
オホーツク海から入る湿った冷たい気流の影響で、
梅雨寒の冷たい雨になることが多い地域です。
ただし、梅雨の後半になると、
東日本や東北も蒸し暑い空気が入り、強い雨が降りやすくなります。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ていたいぜんせん【停滞前線】
ほぼ同じところにとどまっている前線。梅雨前線、秋雨前線などが代表的。 寒気と暖気の強さが同程度でぶつかったまま動かなくなるため、前線が停滞する。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.