ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨どきの香りは控えめに

  • お天気まめ知識のRSS

いつも使っている香水なのに香りが違うと感じたことはありませんか?
香りはとてもデリケートで、湿度によって感じ方が変わるものです。

同じ量の香水をつけても、空気が湿っている時は、
乾いている時に比べると、香りがより強く重く感じられます。
また、香りの持続時間、残る時間も長くなります。
つまり、雨の日など湿度が高い日の場合、
いつもと同じ量をつけてしまうと「つけ過ぎ」になるわけです。
湿度の高い梅雨の季節は、足りないと思う程度でちょうどいい分量です。
気温が高い時や人が集まっている場所でも、香りは強まる傾向があります。

天気に合わせて、香りの種類を変えるのもいいでしょう。
オーデコロンの方が香水よりも軽く、梅雨時には向いています。
また、何となく元気が出ない梅雨空には、
シトラス(柑橘)やグリーン系の爽やかな香りが元気をくれます。

香りの感じ方は個人差が大きいものです。
自分では控えめと思っていても、強いと感じるひとがいるかもしれません。
TPOをしっかり考えて楽しみたいですね。

今日の豆知識 - 寒さいろいろ

寒さいろいろ

寒いのが冬・・・といいつつ、寒さにもいろいろあります。 まず、木枯らし、からっ風など「風の寒さ」「風冷え(かぜびえ)」。 例えば、5メートルの風が吹いていると、体感的には5度低く感じます。 こ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうこう【風向】
風のふいてくる方向。風向はふつう16方位で表すが、テレビなどの天気予報では8方位を用いる。また、風速が0.2m/s以下のときは、風向はなく、「静穏」または...
きだん【気団】
気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまりのこと。水平範囲の広がりは数百kmから数千kmと広範囲におよぶ。日本付近に影響をおよぼす気団は、小笠原気団(太平洋気団...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.