ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨どきの香りは控えめに

  • お天気まめ知識のRSS

いつも使っている香水なのに香りが違うと感じたことはありませんか?
香りはとてもデリケートで、湿度によって感じ方が変わるものです。

同じ量の香水をつけても、空気が湿っている時は、
乾いている時に比べると、香りがより強く重く感じられます。
また、香りの持続時間、残る時間も長くなります。
つまり、雨の日など湿度が高い日の場合、
いつもと同じ量をつけてしまうと「つけ過ぎ」になるわけです。
湿度の高い梅雨の季節は、足りないと思う程度でちょうどいい分量です。
気温が高い時や人が集まっている場所でも、香りは強まる傾向があります。

天気に合わせて、香りの種類を変えるのもいいでしょう。
オーデコロンの方が香水よりも軽く、梅雨時には向いています。
また、何となく元気が出ない梅雨空には、
シトラス(柑橘)やグリーン系の爽やかな香りが元気をくれます。

香りの感じ方は個人差が大きいものです。
自分では控えめと思っていても、強いと感じるひとがいるかもしれません。
TPOをしっかり考えて楽しみたいですね。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.