ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨の晴れ間2タイプ

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨空の合間に現れる青空は格別ですね。
梅雨の晴れ間には大きく分けて2つのタイプがあります。

ひとつは、梅雨前線が南下して晴れるタイプです。
前線の北側、大陸育ちの乾いた空気が入ってきますから、
気温が30度を超えても、カラッとした暑さです。
日陰や家の中を通る風はさわやかで、夜は思った以上に涼しくなります。
梅雨入り前に戻った形で、初夏のアンコールといったところでしょう。
空の色がすっきりと澄んだ青で、高原の夏を思わせる陽気でもあります。

もうひとつは、前線が北上して晴れるタイプです。
前線の南側は、夏の主役である太平洋高気圧の圏内です。
蒸し暑い空気が入って、ジワッとした暑さになります。
同じ30度でもより体にこたえて、夜も少しムシムシすることがあります。
こちらは梅雨明け後の形ですから、真夏のリハーサルといえそうです。
湿度が高めといっても、布団干しやお洗濯には十分に乾いた空気です。

南下タイプも北上タイプ、どちらも貴重な梅雨の晴れ間です。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.