ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

梅雨の晴れ間2タイプ

  • お天気まめ知識のRSS

梅雨空の合間に現れる青空は格別ですね。
梅雨の晴れ間には大きく分けて2つのタイプがあります。

ひとつは、梅雨前線が南下して晴れるタイプです。
前線の北側、大陸育ちの乾いた空気が入ってきますから、
気温が30度を超えても、カラッとした暑さです。
日陰や家の中を通る風はさわやかで、夜は思った以上に涼しくなります。
梅雨入り前に戻った形で、初夏のアンコールといったところでしょう。
空の色がすっきりと澄んだ青で、高原の夏を思わせる陽気でもあります。

もうひとつは、前線が北上して晴れるタイプです。
前線の南側は、夏の主役である太平洋高気圧の圏内です。
蒸し暑い空気が入って、ジワッとした暑さになります。
同じ30度でもより体にこたえて、夜も少しムシムシすることがあります。
こちらは梅雨明け後の形ですから、真夏のリハーサルといえそうです。
湿度が高めといっても、布団干しやお洗濯には十分に乾いた空気です。

南下タイプも北上タイプ、どちらも貴重な梅雨の晴れ間です。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.