ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

カエルが鳴くと雨?

  • お天気まめ知識のRSS

「カエルが鳴くと雨」よく知られていることわざです。
カエル予報官の的中率はどれぐらいでしょうか?

愛知教育大のデータによると、
カエルが鳴かなかった時、翌日に雨が降った割合は11%。
逆によく鳴いた時、翌日に雨が降った割合がは36%です。
数字だけみると、鳴いても降らないことも多いわけですが、
少なくとも、カエルが鳴かない時よりは、
よく鳴いた方が雨は降りやすいといえるでしょう。
古い資料になりますが、大正時代の資料には、
カエルが鳴き出して30時間以内に雨が降り出した割合は、
50%から70%とあるそうです。

アマガエルは、気圧が下がった時にも鳴くといわれています。
湿度と気圧の両方を感じ取るカエル予報官、侮れませんね。
水辺の環境が変わったこともあり、
カエルの合唱が昔ほど身近なものではなくなったのが残念です。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.