ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

南西風は雨が少ない

  • お天気まめ知識のRSS

まとまった雨が降りやすい季節となりました。
その雨の降り方は、気象条件や地形によって大きく違います。
関東地方では、低気圧が接近・通過したり、温暖前線が北上してくるような場合は、
全体的にまとまった雨の降ることが多いようです。

しかし、低気圧が関東より北の方を通るような場合、
風向きによって平野部では予想外に雨が少ないことがあります。
北側にある低気圧や前線に向かって南西から湿った空気が流れ込みます。

ところが関東地方は、西側に箱根や丹沢、その北には関東山地が連なっているため、
南西の風はこの山を越えて関東の平野部に吹き降ろします。
湿った南西風が山の斜面を上昇する時には、
冷やされて空気中の水分が凝結し、雲を作り雨を降らせます。
山を越えて関東の平野部におりてくる時には、
空気中の水分の多くを落として、比較的乾燥した状態でやってきます。

このため、関東の平野部では雨が少ないという訳です。

なお、同じ低気圧に向かう風でも、湿った空気が直接平野部に流れ込む南風の時は、
関東平野でまとまった雨が降りやすくなります。
風の僅かな変化で雨の降り方が大きく違ことは、気象現象の複雑さを示しています。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.