ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

うるしは湿気で固まる

  • お天気まめ知識のRSS

うるしは湿度が高いほど早く乾くのです。
不思議な気がしませんか?

うるしの主成分はウルシオール。
この中にはラッカーゼという酵素がわずかに含まれています。
漆は他の塗料と違って、このラッカーゼの働きで乾燥するため、
乾燥には温度と湿度が大きく影響します。
この酵素が空気中の水分を取り込んで、
酸化することによりウルシオールが液体から固体へ変化します。
つまり固まっていくのです。

この酵素の活発になる気象条件が
温度20から25度、湿度70から80%です。
梅雨時は外に出しておくだけで、見る見るうちに乾いていきます。
湿気の少ない時期は漆風呂といわれるところに入れて、
湿気を加えているそうです。
うるしは乾燥するときに、他の塗料のように有機溶剤や熱を必要としません。
つまり、地球に優しい塗料なのです。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.