ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

うるしは湿気で固まる

  • お天気まめ知識のRSS

うるしは湿度が高いほど早く乾くのです。
不思議な気がしませんか?

うるしの主成分はウルシオール。
この中にはラッカーゼという酵素がわずかに含まれています。
漆は他の塗料と違って、このラッカーゼの働きで乾燥するため、
乾燥には温度と湿度が大きく影響します。
この酵素が空気中の水分を取り込んで、
酸化することによりウルシオールが液体から固体へ変化します。
つまり固まっていくのです。

この酵素の活発になる気象条件が
温度20から25度、湿度70から80%です。
梅雨時は外に出しておくだけで、見る見るうちに乾いていきます。
湿気の少ない時期は漆風呂といわれるところに入れて、
湿気を加えているそうです。
うるしは乾燥するときに、他の塗料のように有機溶剤や熱を必要としません。
つまり、地球に優しい塗料なのです。

今日の豆知識 - 低温やけどに御用心

低温やけどに御用心

朝晩の冷え込みが厳しく、暖房器具を使うことが多くなりました。 使い捨てカイロや電気カーペット、湯タンポやアンカを使うときは 低温やけどに気をつけて下さい。 やけどというと火や熱湯など高温のもの......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しもばしら【霜柱】
地表面が乾燥して0℃以下のとき、土の中の水が上がってきて地上で氷結。その際、柱のよ うな氷の結晶を作ったもの。
あめたいふう【雨台風】
風による被害より、雨による被害のほうが大きい台風。(⇔風台風)

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.