ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

ホトトギスの渡り

  • お天気まめ知識のRSS

昔から「目には青葉 山ホトトギス 初ガツオ」と言われるように、
青葉の5月、ホトトギスは初夏の到来を告げる夏鳥の代表にも上げられています。

彼らは南アジアから日本に渡って来る夏鳥の中では比較的遅い方なんですが、
やってくる日が年によって殆ど変わらないという特徴を持っています。

関東から西の太平洋沿岸部など、ごく南の地方は、5月中旬には姿を見せるようになります。
北に向かうのに伴って遅くなり、
西日本一帯から東日本、それに東北地方の平野部は5月下旬、
また中部山岳地帯や東北地方の北部は6月に入ってからとなっています。

ホトトギスは他の鳥の巣に卵を産んでヒナを育てさせる、
托卵性の鳥としても知られていますが、
鳴き声に特徴があるため、やって来たのがすぐに分かりますね。
その特徴的な鳴き声は、聞く人によっても違いますが、
言いづらい言葉の「特許許可局」と表現される事が多いようです。

「ホトトギスが鳴くから田植えをせよ」と言う、東北地方の言い伝えもあるように
彼らは昔から初夏の到来を告げる自然の暦としても、慕われて来たんですね。
都会ではなかなか聞かれない鳴き声ですが、
近郊の山や森に出かければ、思わぬ時に聞かれるかもしれませんね。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.