ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

5月のつく言葉いろいろ

  • お天気まめ知識のRSS

旧暦の五月は「さつき」とも呼びます。
「五月(さつき)」のつく言葉はいろいろありますが、
代表的なものをみてみましょう。

旧暦五月は、現在の暦でいうと6月から7月の初めで、ちょうど梅雨のころ。
「五月晴れ(さつきばれ)」は、本来は梅雨の晴れ間をさしています。
くもりや雨の続く中、時折現れる青空には格別の思いがありますね。

「五月富士(さつきふじ)」も同じような言葉です。
梅雨時は雲に閉ざされて、山の全貌を見ることが難しく、
それだけに、まれに現れる富士山の姿は絶景といえるでしょう。

「五月雨(さみだれ・さつきあめ)」は旧暦五月の雨、つまり梅雨のこと。
「五月闇(さつきやみ)」は、厚い雲がたれこめて昼でも暗い様子、
また、月が見えないことから梅雨時の闇夜にも使います。

現在では、本来の意味をはずれ、
新暦五月のすがすがしい晴天を五月晴れというひともいます。
旧暦と新暦を混同してしまった例ですが、
すでに一般化しているため、五月(さつき)の使い方にはご注意を。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.