ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

5月のつく言葉いろいろ

  • お天気まめ知識のRSS

旧暦の五月は「さつき」とも呼びます。
「五月(さつき)」のつく言葉はいろいろありますが、
代表的なものをみてみましょう。

旧暦五月は、現在の暦でいうと6月から7月の初めで、ちょうど梅雨のころ。
「五月晴れ(さつきばれ)」は、本来は梅雨の晴れ間をさしています。
くもりや雨の続く中、時折現れる青空には格別の思いがありますね。

「五月富士(さつきふじ)」も同じような言葉です。
梅雨時は雲に閉ざされて、山の全貌を見ることが難しく、
それだけに、まれに現れる富士山の姿は絶景といえるでしょう。

「五月雨(さみだれ・さつきあめ)」は旧暦五月の雨、つまり梅雨のこと。
「五月闇(さつきやみ)」は、厚い雲がたれこめて昼でも暗い様子、
また、月が見えないことから梅雨時の闇夜にも使います。

現在では、本来の意味をはずれ、
新暦五月のすがすがしい晴天を五月晴れというひともいます。
旧暦と新暦を混同してしまった例ですが、
すでに一般化しているため、五月(さつき)の使い方にはご注意を。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうこう【風向】
風のふいてくる方向。風向はふつう16方位で表すが、テレビなどの天気予報では8方位を用いる。また、風速が0.2m/s以下のときは、風向はなく、「静穏」または...
ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.