ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

こどもの日・行事あれこれ

  • お天気まめ知識のRSS

5月5日は「子どもの日」、そして「端午の節句」です。
子どもの日
お父さん・お母さん、それにおじいちゃん・おばあちゃんにとっても、
この日は子どもの成長を願う欠かせない行事の一つといえるでしょう。

端午の節句の歴史は古く、奈良時代から続く行事です。
端午とは、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、
もともとは5日に限ったものではありませんでしたが、
午(ご)と5(ご)が同じ発音なので毎月5日をさすようになり、
やがて5月5日になったとも伝えられています。

どのたも思い浮かぶのは「鯉のぼり」と「鎧・兜(よろい・かぶと)」。
鯉は生命力の強い魚。
「登竜門」という言葉がありますが、
鯉が「竜門」という滝を上ると竜になって天にのぼるという中国の伝説にちなんで、
どんな環境にも耐え、立派な人になるようにという、
子どもの立身出世を願った飾りが「鯉のぼり」です。
鎧・兜は、長い武家社会の中では身を守る大切なものでした。
つまり兜を飾るのは、その兜(あるいは鎧)が子どもの身を守り、
災いが降りかからないように、無事に成長するようにという願いが込められています。

食べ物では、柏餅やちまきを思い浮かびます。
「柏の葉」は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があります。
つまり「子が生まれるまで親は死なない」
「家系が絶えない」ということから「子孫繁栄」の意味があります。
「ちまき」にも「難を避ける」という意味があり、
この日に親戚・知人に配るという中国の習わしが伝わったものです。

ところで、端午の節句の頃は季節の変わり目。
天気・陽気の変動が大きいのも特徴の一つです。
汗ばむ陽気の後に「新緑寒波」に見舞われることは珍しくありませんし、
激しい雷雨や雹(ひょう)にあうこともしばしばです。
人生と同じ様に、季節の歩みも順調な日々ばかりではないのです。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.