ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

6月1日は気象記念日

  • お天気まめ知識のRSS

6月1日は気象記念日です。

1875年(明治8年)6月1日、
現在の気象庁に当たる東京気象台が創設されました、
東京における気象観測、地震計による観測の始まりの日で、
気象記念日はこれを記念したものです。
同時に、全国的な測候所建設業務が開始されました。

また、9年後の1884年(明治17年)6月1日には、
日本で初めての天気予報が作られました。
予報したのはドイツ人のクニッピング、
「Variable winds,changeable, some rain.」という英文で、
日本訳では以下のように伝えられています。
「全国一般風ノ向キハ定リナシ 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ」
そう、日本初の天気予報は文字どおり「全国予報」だったのです。

127年を経て、国内の気象官署は191地点に増え、
各国の連携のもと、豊富な観測データが集められています。
民間の気象会社も増えて、天気予報は日々進化を続けています。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.