ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

6月1日は気象記念日

  • お天気まめ知識のRSS

6月1日は気象記念日です。

1875年(明治8年)6月1日、
現在の気象庁に当たる東京気象台が創設されました、
東京における気象観測、地震計による観測の始まりの日で、
気象記念日はこれを記念したものです。
同時に、全国的な測候所建設業務が開始されました。

また、9年後の1884年(明治17年)6月1日には、
日本で初めての天気予報が作られました。
予報したのはドイツ人のクニッピング、
「Variable winds,changeable, some rain.」という英文で、
日本訳では以下のように伝えられています。
「全国一般風ノ向キハ定リナシ 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ」
そう、日本初の天気予報は文字どおり「全国予報」だったのです。

127年を経て、国内の気象官署は191地点に増え、
各国の連携のもと、豊富な観測データが集められています。
民間の気象会社も増えて、天気予報は日々進化を続けています。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
こうさ【黄砂】
中国の黄河上流の黄土地帯などで、ふき上げられた多量の砂じんが風にのって飛来し、空一面をおおって少しずつ降下する現象を黄砂という。西日本の春に目立つが、関東...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.