ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

6月1日は気象記念日

  • お天気まめ知識のRSS

6月1日は気象記念日です。

1875年(明治8年)6月1日、
現在の気象庁に当たる東京気象台が創設されました、
東京における気象観測、地震計による観測の始まりの日で、
気象記念日はこれを記念したものです。
同時に、全国的な測候所建設業務が開始されました。

また、9年後の1884年(明治17年)6月1日には、
日本で初めての天気予報が作られました。
予報したのはドイツ人のクニッピング、
「Variable winds,changeable, some rain.」という英文で、
日本訳では以下のように伝えられています。
「全国一般風ノ向キハ定リナシ 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ」
そう、日本初の天気予報は文字どおり「全国予報」だったのです。

127年を経て、国内の気象官署は191地点に増え、
各国の連携のもと、豊富な観測データが集められています。
民間の気象会社も増えて、天気予報は日々進化を続けています。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.