ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

昼に突風が多い理由

  • お天気まめ知識のRSS

春は移動性高気圧のシーズンです。
大きな高気圧に覆われると、良く晴れてポカポカ陽気も現れますが、
日中の風が意外に強いのも、春の高気圧の特徴のひとつです。

春の上空は、冬の名残の強い西風が吹いていますが、
高気圧に覆われて晴れた夜は、放射冷却が強くなるため地表付近から冷え込んできます。
冷えて重くなった空気のかたまりが地上付近にたまるため、
強い風は上空を素通りしますが、朝になって次第に日が高くなると様子が変わります。

ポカポカ陽気をもたらすほどの日ざしが地面を暖め、温まった空気は上昇気流になります。
上昇気流はあちこちで発生すると、地上で少なくなった空気を上空の空気が補おうとします。
このとき上空の強い風が地上に降りてくることになるわけですが、
実は風は常に速さが変化していて、
瞬間的には平均風速の1.5倍から2倍くらいの強い風が吹いています。

瞬間的な強い風を突風といいますが、
強い風が吹きやすい昼間の方が、突風が多いのです。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.