ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

昼に突風が多い理由

  • お天気まめ知識のRSS

春は移動性高気圧のシーズンです。
大きな高気圧に覆われると、良く晴れてポカポカ陽気も現れますが、
日中の風が意外に強いのも、春の高気圧の特徴のひとつです。

春の上空は、冬の名残の強い西風が吹いていますが、
高気圧に覆われて晴れた夜は、放射冷却が強くなるため地表付近から冷え込んできます。
冷えて重くなった空気のかたまりが地上付近にたまるため、
強い風は上空を素通りしますが、朝になって次第に日が高くなると様子が変わります。

ポカポカ陽気をもたらすほどの日ざしが地面を暖め、温まった空気は上昇気流になります。
上昇気流はあちこちで発生すると、地上で少なくなった空気を上空の空気が補おうとします。
このとき上空の強い風が地上に降りてくることになるわけですが、
実は風は常に速さが変化していて、
瞬間的には平均風速の1.5倍から2倍くらいの強い風が吹いています。

瞬間的な強い風を突風といいますが、
強い風が吹きやすい昼間の方が、突風が多いのです。

今日の豆知識 - 紫外線の季節変化

紫外線の季節変化

陽気がよく、晴れた日は外で過ごすのが 気持ちいいですよね。 でも気をつけなければいけないことがあります。 それは紫外線です。 太陽高度が高くなるにつれ、紫外線の量も多くなります。 このグラフは......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おおあめじょうほう【大雨情報】
大雨警報・大雨注意報の内容を補足するために発表される情報のこと。 「大雨情報」は大雨にかなり先立って広い範囲の領域に対して大雨の可能性を警告する内容のもの...
しつどけい【湿度計】
湿度を測定する湿度計には、通風乾湿計、毛髪湿度計、露点湿度計、電気湿度計、赤外線湿度計、紫外線湿度計などがある。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.