ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

落雷時は電化製品から離れよう

  • お天気まめ知識のRSS

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。
ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上
離れておいた方がいいでしょう。

近くの配電線に落雷すると、
雷の異常電圧が建物や電灯線を伝わって建物内に侵入し、
近くにいる人の体に放電して死傷事故を起こす恐れがあるからです。
この落雷による異常電圧を避けるための方法です。
�@アンテナ、電話線これにつながるすべての電化製品
(テレビ・冷蔵庫・照明等)から1メートル以上離れる
�A天井・壁・柱などからも1メートル以上離れる
�B室内が狭く、1メートル以上取れない場合は、
しゃがんで姿勢を低くする

落雷と落雷の間は1分以上の間隔があるので、
その間に広い場所に避難できればするといいでしょう。
また電化製品を落雷から守るには、
プラグをコンセントを抜いておくといいでしょう。
家の中では安全と油断せず、電化製品から離れていましょう。

今日の豆知識 - 寒さいろいろ

寒さいろいろ

寒いのが冬・・・といいつつ、寒さにもいろいろあります。 まず、木枯らし、からっ風など「風の寒さ」「風冷え(かぜびえ)」。 例えば、5メートルの風が吹いていると、体感的には5度低く感じます。 こ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうこう【風向】
風のふいてくる方向。風向はふつう16方位で表すが、テレビなどの天気予報では8方位を用いる。また、風速が0.2m/s以下のときは、風向はなく、「静穏」または...
きだん【気団】
気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまりのこと。水平範囲の広がりは数百kmから数千kmと広範囲におよぶ。日本付近に影響をおよぼす気団は、小笠原気団(太平洋気団...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.