ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

落雷時は電化製品から離れよう

  • お天気まめ知識のRSS

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。
ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上
離れておいた方がいいでしょう。

近くの配電線に落雷すると、
雷の異常電圧が建物や電灯線を伝わって建物内に侵入し、
近くにいる人の体に放電して死傷事故を起こす恐れがあるからです。
この落雷による異常電圧を避けるための方法です。
�@アンテナ、電話線これにつながるすべての電化製品
(テレビ・冷蔵庫・照明等)から1メートル以上離れる
�A天井・壁・柱などからも1メートル以上離れる
�B室内が狭く、1メートル以上取れない場合は、
しゃがんで姿勢を低くする

落雷と落雷の間は1分以上の間隔があるので、
その間に広い場所に避難できればするといいでしょう。
また電化製品を落雷から守るには、
プラグをコンセントを抜いておくといいでしょう。
家の中では安全と油断せず、電化製品から離れていましょう。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.