ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

ホタル前線

  • お天気まめ知識のRSS

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。
日本には約40種のホタルの仲間がいますが、
このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、
ヒメボタルです。

ゲンジボタルは北は青森から南は鹿児島まで、
ヘイケボタルは北海道から九州、韓国にも分布しています。
そして気象庁で観測の対象としているのもこの2種です。
成虫が光を放ちながら飛んでいるのをはじめてみた日を
初日としています。

この図は平年ホタルが見られる時期を表したものです。
ホタルのあらわれる時期は、九州、四国などでは5月の中旬から、
6月に入ると本州の大部分で見られるようになる。
そして次第に北上し、7月になると東北や北海道で姿が見られるようになる。
朝の最低気温が16度を上回るようになると
ホタルが見られるようになるようです。
ホタルを鑑賞するのは日が沈んだ後の
1時間から2時間が最も多く飛び回るそうです。
ホタルの幻想的な光を見に行ってみてはいかがでしょうか?

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.