ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雹の被害は5月が多い

  • お天気まめ知識のRSS

風薫る5月はすがすがしいというイメージがありますが、
この時期に意外と多いのがヒョウの被害です。

7月や8月の夏の時期なら、朝からもくもくと白い雲が湧いて
午後からの夕立というのはそう珍しい光景ではありませんが、
この2か月分のヒョウの被害が5月ひと月でというのは意外でしょう。

ヒョウを降らせる雲は、発達した積乱雲です。
この雲の中でヒョウは大きくなります。

7月や8月は同じような積乱雲が発達しますが、
上空の気温が5月や6月に比べると高くなっていますので、
地上に落ちてくる途中でヒョウが融けてしまいます。
夏の夕立はこれです。

ところが5月や6月は、上空がまだ暖かくなっていないため、
ヒョウが融けずに、そのまま降ってくることが多いのです。

この時期の「雷注意報」は、「ヒョウ注意報」とも言えるのです。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.