ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雹の被害は5月が多い

  • お天気まめ知識のRSS

風薫る5月はすがすがしいというイメージがありますが、
この時期に意外と多いのがヒョウの被害です。

7月や8月の夏の時期なら、朝からもくもくと白い雲が湧いて
午後からの夕立というのはそう珍しい光景ではありませんが、
この2か月分のヒョウの被害が5月ひと月でというのは意外でしょう。

ヒョウを降らせる雲は、発達した積乱雲です。
この雲の中でヒョウは大きくなります。

7月や8月は同じような積乱雲が発達しますが、
上空の気温が5月や6月に比べると高くなっていますので、
地上に落ちてくる途中でヒョウが融けてしまいます。
夏の夕立はこれです。

ところが5月や6月は、上空がまだ暖かくなっていないため、
ヒョウが融けずに、そのまま降ってくることが多いのです。

この時期の「雷注意報」は、「ヒョウ注意報」とも言えるのです。

今日の豆知識 - 寒さいろいろ

寒さいろいろ

寒いのが冬・・・といいつつ、寒さにもいろいろあります。 まず、木枯らし、からっ風など「風の寒さ」「風冷え(かぜびえ)」。 例えば、5メートルの風が吹いていると、体感的には5度低く感じます。 こ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうこう【風向】
風のふいてくる方向。風向はふつう16方位で表すが、テレビなどの天気予報では8方位を用いる。また、風速が0.2m/s以下のときは、風向はなく、「静穏」または...
きだん【気団】
気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまりのこと。水平範囲の広がりは数百kmから数千kmと広範囲におよぶ。日本付近に影響をおよぼす気団は、小笠原気団(太平洋気団...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.