ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

海霧の季節

  • お天気まめ知識のRSS

これから真夏にかけて、日本付近では南風の吹く事が多くなって来ますね。
そうなると関東から北の太平洋側沿岸部では霧の発生する日が多くなってきます。
いわゆる海霧と呼ばれる霧ですが、どのようにして発生するのでしょう。

それは冷たい海が関係しているんです。
ひと月のうち20日以上も霧が発生するという、釧路や根室の海水温は、
6月を例にとると、平均で10度以下しかないんですね。
このように冷たい海の上を、暖かく湿った空気が渡って来ると、
水蒸気が冷やされて細かな水滴に変わっていきます。
つまり、これが海霧の発生する正体です。

この霧は、いったん発生するとなかなか取れてくれませんし、
時によって大きな海難事故を引き起こす原因ともなってしまいます。
さらに海上だけではなく、陸地にまで入り込んで何日も続くため、
農作物に被害を与える事も珍しくありません。

これから8月にかけて、特に北日本の太平洋沿岸では
海の交通に気の休めない日が多くなってしまいますね。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.