ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

海霧の季節

  • お天気まめ知識のRSS

これから真夏にかけて、日本付近では南風の吹く事が多くなって来ますね。
そうなると関東から北の太平洋側沿岸部では霧の発生する日が多くなってきます。
いわゆる海霧と呼ばれる霧ですが、どのようにして発生するのでしょう。

それは冷たい海が関係しているんです。
ひと月のうち20日以上も霧が発生するという、釧路や根室の海水温は、
6月を例にとると、平均で10度以下しかないんですね。
このように冷たい海の上を、暖かく湿った空気が渡って来ると、
水蒸気が冷やされて細かな水滴に変わっていきます。
つまり、これが海霧の発生する正体です。

この霧は、いったん発生するとなかなか取れてくれませんし、
時によって大きな海難事故を引き起こす原因ともなってしまいます。
さらに海上だけではなく、陸地にまで入り込んで何日も続くため、
農作物に被害を与える事も珍しくありません。

これから8月にかけて、特に北日本の太平洋沿岸では
海の交通に気の休めない日が多くなってしまいますね。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.