ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

卯の花くたし

  • お天気まめ知識のRSS

5月から6月上旬にかけて、しとしとと長く降り続く雨を
別名「卯の花くたし」といいます。

これは、「白い卯の花をくたす(腐らせてしまう)ほどの長雨」という意味。
卯の花は日本全国に見られる花で、5月、6月頃に白い花をつけます。
「卯の花腐し」の「くたし」というのは、
物を腐らせることを意味する、動詞の「くたす」からきているといわれています。
ところで、物が腐って形を失ったり、
こわれたりすることを表す言葉に、「朽ちる」という語があります。
現代では朽ちるよりも、「くちはてる」の形で使う場合が多いようですが、
この「くちる」は、「くたす」と密接なつながりを持つ言葉です。

「くちる」が、物自身が腐って形を失うことを言うのに対して、
「くたす」の方は、他の物を腐らせて形を失わせる意味を表すのだそうです。
今頃降る雨を「卯の花くたし」といいますが、
また曇り空を「卯の花ぐもり」とか「卯月ぐもり」と呼びます。
本格的な梅雨入りを前なので、はしり梅雨と梅雨のはしりとなることもあります。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.