ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

卯の花くたし

  • お天気まめ知識のRSS

5月から6月上旬にかけて、しとしとと長く降り続く雨を
別名「卯の花くたし」といいます。

これは、「白い卯の花をくたす(腐らせてしまう)ほどの長雨」という意味。
卯の花は日本全国に見られる花で、5月、6月頃に白い花をつけます。
「卯の花腐し」の「くたし」というのは、
物を腐らせることを意味する、動詞の「くたす」からきているといわれています。
ところで、物が腐って形を失ったり、
こわれたりすることを表す言葉に、「朽ちる」という語があります。
現代では朽ちるよりも、「くちはてる」の形で使う場合が多いようですが、
この「くちる」は、「くたす」と密接なつながりを持つ言葉です。

「くちる」が、物自身が腐って形を失うことを言うのに対して、
「くたす」の方は、他の物を腐らせて形を失わせる意味を表すのだそうです。
今頃降る雨を「卯の花くたし」といいますが、
また曇り空を「卯の花ぐもり」とか「卯月ぐもり」と呼びます。
本格的な梅雨入りを前なので、はしり梅雨と梅雨のはしりとなることもあります。

今日の豆知識 - 紅葉と初霜どちらが早い?

紅葉と初霜どちらが早い?

この先一か月ぐらいは、全国各地で紅葉狩り(もみじがり)のピークになりますね。 紅葉狩りにでかけるときには、 それなりの防寒対策、厚手の服装が必要です。 全国の気象台や測候所で、紅葉(こうよう)......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しゅうちゅうごうう【集中豪雨】
狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。
しっすう【湿数】
気温から露点温度の差。値が小さいほど湿っている。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.