ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

日傘は顔の近くに

  • お天気まめ知識のRSS

これから真夏にかけて日傘が活躍するシーズン。
より日傘の効果を高めるなら、さし方も大切ですよ。

傘の面と顔との距離が30センチの時、紫外線は90%もカットされます。
ところが、60センチまで離すると70%、
30センチの時より浴びる紫外線の量が増えてしまいます。

紫外線は空から降り注ぐものだけではありません。
地面や建物で反射した紫外線が、横からも下からもやってきます。
傘の面を顔から離すと、反射した紫外線が入りやすくなるわけです。
日傘をさすなら短く持ち、できるだけ顔に近づけるのがポイントです。

日傘は色が濃いほど、生地が厚いほど紫外線を防いでくれます。
晴雨兼用の傘、紫外線防止加工をした日傘、ショートパラソル、
さまざまな日傘が店に出ていますね。日傘も進化しています。
お気に入りの1本を見つけて、夏の日差しを乗り切りましょう。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.