ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

日傘は顔の近くに

  • お天気まめ知識のRSS

これから真夏にかけて日傘が活躍するシーズン。
より日傘の効果を高めるなら、さし方も大切ですよ。

傘の面と顔との距離が30センチの時、紫外線は90%もカットされます。
ところが、60センチまで離すると70%、
30センチの時より浴びる紫外線の量が増えてしまいます。

紫外線は空から降り注ぐものだけではありません。
地面や建物で反射した紫外線が、横からも下からもやってきます。
傘の面を顔から離すと、反射した紫外線が入りやすくなるわけです。
日傘をさすなら短く持ち、できるだけ顔に近づけるのがポイントです。

日傘は色が濃いほど、生地が厚いほど紫外線を防いでくれます。
晴雨兼用の傘、紫外線防止加工をした日傘、ショートパラソル、
さまざまな日傘が店に出ていますね。日傘も進化しています。
お気に入りの1本を見つけて、夏の日差しを乗り切りましょう。

今日の豆知識 - サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

野球場では人工芝も使われますが、サッカー場は全て天然芝。 同じく天然芝でプレーするゴルフと芝を比べてみましょう。 一言で言うなら「サッカーは五分刈り・ゴルフは五厘(ごりん)」 まず芝の長さが違......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.