ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

日傘は顔の近くに

  • お天気まめ知識のRSS

これから真夏にかけて日傘が活躍するシーズン。
より日傘の効果を高めるなら、さし方も大切ですよ。

傘の面と顔との距離が30センチの時、紫外線は90%もカットされます。
ところが、60センチまで離すると70%、
30センチの時より浴びる紫外線の量が増えてしまいます。

紫外線は空から降り注ぐものだけではありません。
地面や建物で反射した紫外線が、横からも下からもやってきます。
傘の面を顔から離すと、反射した紫外線が入りやすくなるわけです。
日傘をさすなら短く持ち、できるだけ顔に近づけるのがポイントです。

日傘は色が濃いほど、生地が厚いほど紫外線を防いでくれます。
晴雨兼用の傘、紫外線防止加工をした日傘、ショートパラソル、
さまざまな日傘が店に出ていますね。日傘も進化しています。
お気に入りの1本を見つけて、夏の日差しを乗り切りましょう。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
こうさ【黄砂】
中国の黄河上流の黄土地帯などで、ふき上げられた多量の砂じんが風にのって飛来し、空一面をおおって少しずつ降下する現象を黄砂という。西日本の春に目立つが、関東...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.