ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

5月の空に多いかさ

  • お天気まめ知識のRSS

ベールのようなうす雲が広がっている時、
太陽や月のまわりにぼんやりと明るい輪が現れることがあります。
これが「日がさ」や「月がさ」です。
こういった「かさ」は1年中見られますが、
秋から冬にかけては少なく、春から夏にかけて多くなります。
中でも5月は一番多く現れますから、「日がさ」を見るチャンスです。

「日がさ」や「月がさ」を作るうす雲は、
気象用語では絹層雲(けんそううん)と呼ばれています。
この雲は小さな氷の結晶が集まったもので、
結晶によって屈折した光が、太陽や月の周りに光の輪を作ります。
無数の小さなプリズムが空に浮かんでいるようなものですね。

昔から「日がさ・月がさは雨の前触れ」と言われてきました。
絹層雲は低気圧の先駈けとして広がることが多く、
「かさ」が現れた翌日には70%前後の確率で雨になる、
という統計結果もあります。
「日がさ・月がさ」は観天望気の強い味方といえそうです。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.